アクセスランキング

やったもん勝ちか

【西船橋図書館焚書事件】市に賠償命令がでるも、
雀の涙【土橋悦子】


つーか、“表現の自由”は何よりも大事とか
言いながら、資本主義において一番重要な価値である
カネに換算するとこの程度ですよ。

いったいどこまで性善説なのかと小一時間。

ワタシはよく冗談で

“5,000円くらいで済むなら謝らねぇ”

とか言いますが、3,000円で済むなら犯罪者側に
回ります。



正直、この国の司法とやらに幻想を持つのは
やめました。
潰されない程度に悪名を売って、自分に付加価値でも
つけた方がラクに生きられるようですよ。はっはっは。

この件をスルーしているマスコミが、
今後“表現の自由”に言及したら嗤う。本気で嗤う。

船橋市議会で土橋悦子司書追及

(この事件のあらましが知りたい方は、
“焚書司書”カテゴリーに目を通してください)

さて本題、ココの9月20日(火)に行われた
中村実議員の一般質問。
(“Video”をクリックしてください。当然ながら音あり)

【内訳】

土橋司書の焚書行為ならびに、著書お手盛り購入疑惑に
関しての質問。
(6分~15分)

それに対する、船橋市役所生涯学習部長の答弁。
(15分40秒~20分)

その後、雑誌“正論”が図書館に無かったり、
西尾幹二氏の書籍が閉架書庫に入れられている事への質疑応答
(20分~30分)



うーん、結局市側は壊れたレコードみたいに公式見解を
繰り返しただけか。
どうせ生涯学習課の職員が考えた文章だろうから、
警察でも入らない限り当たり障りのない内容になるのは
仕方ないんだろうが。

突っつこうにも材料が無いんだよなぁ。
こんな事をしでかす地方公務員の雇い主である船橋市民が
もっと怒って、内部情報でも暴露されれば別だけど。

これもたまたま発覚しただけで、“やったもん勝ち”
みたいなもんだよな。
胸糞悪いので引き続き成り行きを追っていく予定。

これは興味深い

船橋市図書館元司書、土橋悦子の所業と船橋市の大甘処分を
月刊サイゾーで追求!


こ、これは……キタ Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!
久しぶりに“サイゾー”を買……立ち読みしてからだな。

ココ読んだ人は買ってね('-'*)エヘ

まだまだ燻らせますよ

「子どもの本の出会いの会」元会長、現日本ペンクラブ会長井上ひさし氏への
土橋悦子氏に関する質問状


燃料キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!
ここのところ、新たな動きの無かった焚書司書関連ですが、
この動きは注視・応援せねば。

ちなみに、現在の追求活動拠点はココ↓。

【船橋市立西図書館など】 あの独断廃棄の女性司書の絵本を35冊も購入

よく分からないかもしれない船橋西図書館土橋司書関連事件まとめ

えー、“船橋市 図書館 土橋”や“土橋悦子”の検索ワードで
県立・市立を問わず日本中の図書館からのアクセスが増加中です。
お仕事、お疲れ様!
単なる興味なのか、お仲間が(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブルしてるのか……。

そこで“声無き声のリクエスト”にお応えして、
土橋悦子司書に関する事件をまとめてみました。
(とはいっても、リンクを張ってるだけですが)
上から順に見ていけば、概要が掴めると思います。

概要:

つくる会/教科書破棄事件
電凸まとめ 船橋市立図書館司書関連

フラッシュ:

焚かれた人たち (※音あり)
どばどば (※音あり)
悪いヤシほどよく眠る 特別編 (※音あり)

ワタシのスタンス:

そもそもお手盛り購入を抜きにして、焚書事件だけでも懲戒免職が妥当。

H15. 9. 9 東京地方裁判所 平成14年(ワ)第17648号 損害賠償請求

(ア) 被告Aは,本件当時,被告Aと同じ西図書館に勤務していたM副主査
(以下,役職は本件当時のもの。)に対し,「K氏,L氏らの著書が沢山ある。」
「歴史教科書をつくる会の冊数が多い。」などと言ったことがあった。
また,同じくN主任技労員は,被告Aが,平成13年8月ころ,児童室の端末画面を見ながら,
「こんな本は図書館に置いておくべきではない。」と言っているのを聞いたことがあった。
(イ) 同じく西図書館に勤務していたO臨時職員は,被告Aから,L氏の本について,
「こんな本ばかり書いてねぇ。」などと言われたことがあるほか,本件当時,
被告AがL氏の書籍を除籍しているところを目撃したことがあった。
(ウ) 同じくP臨時職員は,平成13年8月11日,被告Aからリストを渡され,
北図書館へメールして同図書館の共同書庫にある図書を大量に取り寄せるよう指示されたが,
その際,被告Aから,「西図書館所蔵の本を希望と必ず書いてね。」と言われた。
また,P職員は,そのころ,原告つくる会ほかが執筆した『国民の道徳』が除籍対象の
図書を入れる段ボール箱の中にあるのを目撃した。
(エ) 同じくQ主任主事は,被告Aから,
「K,Rの本が偏っているので抜こうと思っている。」と聞かされたことがあったほか,
20冊ほどの図書が付箋を貼られ,バーコードにマジックで線が引かれたうえで
籠に入れられているのを目撃したことがあったが,この時は,被告AからQ主任に対して
除籍理由の説明があった。また,本件当時,Q主任は,被告Aから,
「こっち(右とか左の意味。)の本も多くしなくちゃいけないね。」と言われた
ことがあった。
(オ) S臨時職員は,平成13年夏ころ,被告Aから,L氏らの書籍を書棚から
抜いてくるよう指示され,これに応じて,合計数十冊の書籍を書棚から
抜いてきたことがあった。

という証言から“思想的偏向”・“憲法違反(表現の自由の侵害)”は明らか。
(これを看過した一審・二審の判事の目は節穴。お仲間か?司法の中立性さえ疑われる)
“公立図書館の存在意義”すら問われかねないこの行為は、地方公務員法

第29条 職員が次の各号の一に該当する場合においては、これに対し懲戒処分として戒告、
減給、停職又は免職の処分をすることができる。
2.職務上の義務に違反し、又は職務を怠つた場合
3.全体の奉仕者たるにふさわしくない非行のあつた場合

照らし合わせても、憲法遵守義務のある公務員としては不適格極まりない。
(確か公務員って、採用のとき“憲法を遵守する旨”の宣誓をするはず)

それに、こんな不適格な職員を軽い処分で放置したのでは、
他のまともな公務員への風当たりが強まって士気が下がり、長い目で見ると
住民の利益をも損ないかねない。

今後の展望:

・高裁で賠償額が決定して船橋市が支払った後、市が土橋司書に
 求償しなかった場合、住民監査請求にて求償を促す。
 (この賠償は明らかに土橋司書の故意・重過失によって発生しているので)
 もしくは市議会議員等に働きかけ、調査権に基づき追求してもらう。

・“お手盛り購入”に関して、“公務員職権濫用”もしくは“背任罪”で
 千葉地方検察庁に刑事告発

参考:

平成17年07月14日 第一小法廷判決 平成16年(受)第930号 損害賠償請求事件
書類作成支援センター

Here comes new flash!

フラッシュ・悪いヤシほどよく眠る 特別編 (※音あり)

加古隆の“パリは燃えているか”好きなんだよなぁ。
この事件の構造を考えると、曲調も合ってるよ。
本当に“一見ソフトなナチ”だもん。

ついでに、過去のフラッシュも。

フラッシュ・焚かれた人たち (※音あり)
フラッシュ・どばどば (※音あり)
フラッシュ・悪いヤシほどよく眠る (※音あり)

Template Designed by DW99