アクセスランキング

高得点なのに辛口批評

超映画批評『屋根裏の散歩者』75点(100点満点中)
( 前田有一の超映画批評 )
とりわけ主演の嘉門洋子の演技が抜群。暴力行為に
遭遇したときの悲鳴のあげ方や恐怖にゆがむ表情など、
最近の生ぬるいホラー映画のヒロインには
ぜひ見習ってほしいほど。まるで、私生活でも
本物の暴力行為を身近に感じるような特殊な環境に
でもいるのではないかと想像してしまうほどの迫力だ。

これのことかーーーーーーーっ。
か、辛口すぎるぅぅぅぅ。
当面の間、前田氏は後○組の鉄砲玉に
気をつけるべきではなかろうかw

具っどるっきんぐ

リアディゾンの「具」で週刊ポスト編集長逮捕か?
とサイバッチ
( Birth of Blues )

日本に来てからの路線変更で、すっかり
醒めちゃった感のあるワタシでしたが、
面白そうな話題なので食いつきました。

とはいえ……、こんなよく分からんものが
写ってても劣情なんか催さないだろ。
いまどき、もっと強烈なもんなんて
探せばゴロゴロ見つかるのに。
アメリカ時代のリア・ディゾンの写真でも
見ている方がいいと思うけどな。
(件の写真もアメリカ時代のものだけどw)

(7/11 19:25追記)

リア・ディゾン「局部?写真」疑惑で大騒動
( 明和水産 )

下着のレース部分が写り込んだだけか。
そりゃそうだよねぇ。
いくら何でも、出てりゃ本人が気付くだろうし、
“上隠して下隠さず”のワケがw

公共放送って、“NHK教育”だけだと思ってます

NHK「ネットの“祭り”が暴走する」の捏造・偏向
( 実況ニュースサロン )

印象操作の見本のような放送だなぁ。
Q州では放送されてないけど。

あのキチガイ弁護団へ懲戒請求は、さすがに一般人の
堪忍袋が切れただけだろ。そしてその発端は
民放の番組。ネットが助長した部分もあると思うけど、
それを隠して“ネット発”にしてしまうのは
さすがにフェアとは言えない。

こういうのを“報道”と称するのならば、
“マスゴミ”って言われるのも仕方ないと思うし、
今後NHKは、大河とアメリカ製ドラマ、“きょうの健康”
だけ流していればいいと思います。
あと、ペイパーヴュー方式賛成。

参考:

マスコミから本気で学ぶ印象操作 ( ココロ社 )

外に強くて内に優しい国がいいです

社民党市議「性欲満たすため」女子中学生にわいせつ
( ZAKZAK )

“遊びに行こう”と中学生をホテルに連れ込んで
遊んであげるんだから、捨民党のヒトたちは
本当にヤサシイなぁ(棒読み)

ふーん、コイツか。“人のお世話にならぬよう~”www
(現在HPは消去済みなので魚拓)

捨民党は、次の選挙で獲得議席が0~1に
なってくださいおながいします。
それが“日本の為”というものです。

Template Designed by DW99