アクセスランキング

むしろマスコミをチェンジ!

衆院選:運命の日まであと3日 ( 朝鮮日報 )
 衆議院議員総選挙の投開票が3日後に迫った。
54年間にわたって政治を主導してきた自民党の
「壊滅的な敗北」が予想されている中、
日本社会全体が熱気に満ちあふれている。
どこへ行っても選挙の話題、「選挙後」の話題
ばかりだ。政治評論家たちは、
「現在の状況をどう評価するか」という質問に対し、
一様に「革命的な状況だ」と答えた。

 26日、産経新聞には過去に例を見ないような
広告が掲載された。1面、2面、25面(社会面)、
26面(テレビ欄)で一続きになった広告だ、
日本で最高の人気を誇るグループ・SMAPが、
ニューアルバムの発売日を総選挙に合わせ
今月30日とし、それをアピールするものだった。
アルバムの発売日を選挙に合わせ、新聞の4面を
使って広告を出すという手法は、
今の日本人たちの総選挙に対する関心を
反映するものだ。

 インターネット上のさまざまなウェブサイトでも、
選挙後の状況について活発な論議が
巻き起こっている。民主党への政権交代が
実現した場合、「新しい日本の第一歩となる」と
いった意見から、
「民主党に日本を任せられるのか」といった
意見まで、サイトごとに数千-数万件の意見が
書き込まれている。

 NHKが今月24日に行った世論調査の結果、
今回の総選挙で「必ず投票に行く」と答えた
人は約70%に達した。「できるだけ投票に行く」
と答えた人も20%で、合わせると90%が投票に
行く意思を示した。これは、4年前の総選挙の
直前に行われた世論調査の結果と比べると、
7%ほど高い結果となった。また、毎日新聞が
今月22日に発表した世論調査の結果では、
「必ず投票に行く」(74%)と
「できるだけ投票に行く」(19%)を合わせ、
有権者の93%が「投票に行く」と回答した。
このように、今回の総選挙に高い関心を
寄せるのは、一般的に政治への関心が低いと
されている日本社会では極めて珍しいことだ。

 これについて各メディアは、東西冷戦が終結し、
ゼロ成長の時代を迎えたこの20年間に蓄積した
エネルギーが、今回の総選挙で一気に噴き出した、
との見方を示している。

 また、政権交代が現実のものとなった場合、
自民党を頂点とし、地方の小さな土建業者や
農林漁業者にまで及んでいた日本特有の
利害関係のネットワークの再編が予想される
ためだ、という見方も出ている。

 政権交代が、単に政治家や政党の交代だけに
とどまらず、個人の生活に直結する可能性が
高いというわけだ。民主党が自民党の
大物政治家たちを倒すため、その選挙区に
「美人刺客」を送り込み、話題を呼んでいること
もまた、こうしたイメージを演出している。

 また、民主党の圧倒的な優勢が伝えられる中、
各政党の雰囲気も以前とは大きく違うものと
なっている、と日本メディアは報じた。
民主党の鳩山由紀夫代表にはすでに首相並みの
護衛が付いており、また党本部だけでなく
地方の支部も多くの人々でごった返していると
いう。一方、自民党本部は、党の重鎮たちも
みな自分の選挙区へ帰って活動しているため、
選挙戦を指揮する人もいないのが実情だという。

ジャンルによっては、半島メディアの方が
よほど“冷静”で“中立・不偏不党”だと
いう皮肉中の皮肉。取り替えたいと思うくらい。

フィナンシャルタイムズとかも、
入ってきてもらいたいなぁ。

このFTの記事
「日本の有権者はリスクを負うべき」の
みどころ …この政権交替はギャンブルだと
断定
( とてつもなく日本 )

でも、そこまで盛り上がっているようには
とても見えないんだけどねぇ。
盛り上がっているのは、
“政治に興味のある人間”だけのような
気がするが……。

ワタシの周囲のみが異常なのか。

現在のランキング → 人気blogランキングへ



ひろぽんのブックマーク、随時追加中。



(´・ω・)っ 参考商品

スリーアウトチェンジスリーアウトチェンジ
(1998/04/01)
スーパーカー

商品詳細を見る


電撃戦隊チェンジマン VOL.4 [DVD]電撃戦隊チェンジマン VOL.4 [DVD]
(2009/09/21)
浜田治希河合宏

商品詳細を見る

論点の整理

aso.jpg
(どこで拾ったかは忘却の彼方)


この写真みたいな笑顔をCMに使えば
よかったのに。



今回の選挙で一番妙だと思ってる部分。
緊縮財政政策の民主党はどちらかと
言うと“小泉路線の継承”で、
麻生政権は“反小泉路線”とも言える
積極財政政策。
(サブプライムショックで、各国が
強調して財政出動してるから、
ごく当たり前と言えば当たり前だけど。
ちなみに、“麻生下ろし”をやって
いた連中がことごとく小泉時代の
幹部と言う点を見ても“反小泉路線”は
分かりそうなもの)

にもかかわらず、民主党のクダさん
あたりは
“小泉改革でいい事ありましたか?”
とか演説で言っちゃう始末。

ヲイヲイ、看板の色が変わっただけで、
アンタ達のやろうとしてる事は
同じじゃんか、とツッコみたくなる。

“ねじれ”ちゃってるんだよね。

でもって、民主党の福祉政策は
どうやら北欧型の“大きな政府”
というか、“高福祉・高負担”みたい
なんだけど、意図的なのか違うのか
“高負担”の部分が隠蔽されてるのも妙。
(鳩山代用は、“低負担”でも
ヴォランティアを活用する事で
“高福祉”が可能みたいな“夢物語”を
言っていた記憶がありますが、
そんなのはまずあり得ません)

たぶん、ここに“埋蔵金”とやらを
当てこんでいるんだろうけど、
そんなに出てこないから。
必要とされる金額の1/10すら
出てくるかも怪しい。
しかも、使ってしまえば
無くなっちゃって終了。
あとは“財源破れて制度あり”ですよ。

人間、いちど手にした権利を
そう簡単には手放すとは思えませんので、
どこかから突っ込む“カネ”を
工面して来なければなりません。

そこで夜中の1時に緊急記者会見して、
“国民福祉税の創設フンダララ……”

あれ? 何だかどこかで見たような。



その辺の事をきちんと整理したうえで
支持してれば、後でブーブー言わなくて
済むと思うんですが。いかがなもんでしょ。

もしおかしな事を書いていれば、
ツッコんでくださいな。

現在のランキング → 人気blogランキングへ



我が党情報はこちら



(´・ω・)っ 参考商品

日本の論点 (2009) (文春ムック)日本の論点 (2009) (文春ムック)
(2008/11)
文芸春秋

商品詳細を見る


論理的に考える技術 図形化すれば考えはこんなにまとまる (サイエンス・アイ新書)論理的に考える技術 図形化すれば考えはこんなにまとまる (サイエンス・アイ新書)
(2006/10/17)
村山涼一

商品詳細を見る

Template Designed by DW99