アクセスランキング

彼を知り己を知れば……

百戦して殆うからず(孫子 謀攻編)

【土・日曜日に書く】論説委員・石井英夫
戦争防ぐために戦史を学べ

( MSN産経ニュース )

ああ、この記事に似たような事を
無防備宣言運動を批判した時に思ったな。
うまく表現できなかったから、
アタマの中でモヤモヤし続けてたけど。

戦争を毛嫌いするのは構わないし、
むしろその方が人間として“質”は
高いんじゃないかとすら思うが、
物事を防ぐためにはそれが発生する
原因やメカニズム・モチベーションを
知って、それらが発生しない方向に行動
して行かなきゃならないとワタシは
考える。でも、“無防備宣言”なんて
防ぐどころかむしろ促進する方向への
行動以外の何物でもないもんな。

だから“馬鹿”か“工作員”の集団にしか
見えなくて、そういうタワ言を言っている
ヤツらを好きにはなれないわけですよ。



(´・ω・)っ 参考商品

戦争論〈上〉 (中公文庫BIBLIO S)戦争論〈上〉 (中公文庫BIBLIO S)
(2001/11)
カール・フォン クラウゼヴィッツ

商品詳細を見る

この記事のトラックバックURL

http://hiropon77.blog1.fc2.com/tb.php/1894-1a89a590

政治は“現実”を語るものです
なぜハーバード大学は「戦争学」 を教えているのか? ( リアリズムと防衛を学ぶ ) 大した学のないワタシですら 思いつく考え方だという...

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99