アクセスランキング

まず、やらなきゃならない事をやろうか

日本の子供たちからインターネットが消える日
( osakana blog )
ネット料金が高騰し、政治家の懐に入る
法案が審議されてる!?
( らばQ )
青少年のネット規制法、
「目的は正当でも手段が大まかすぎる」
--東大教授が苦言
( CNET Japan )

高市議員は評価している部分もあったんだが、
これが事実だとすると“落選運動”をしたく
なるくらいだな。
プラスよりもマイナスが大きすぎる。

やらなきゃならない事は全く出来ず
やらなくてもいい事をドサクサ紛れで
やるというのなら、そんなヤツら居なくても
いいや。

自民もミンスもクソだな。

選挙が近いのからなのかどうかは
知らないけど、最近、“民意民意”って
言う人間をメディアで多く見かけるように
なったような気がするが、その“民意”
とやらで選ばれた人間が、選挙の争点
“以外”の事ばかりにご執心で、

“お前にこんな事やれっていつ許可したよ”

とすら思う。“民意”って一体何かね。

(4/11 6:30追記)

ネット規制にばく進する自民党
「有害情報」を流せば懲役刑も

( アルファルファモザイク )
いつか来た道 ( Meine Sache )

“表現”に関して、何がよくて何が悪いかを
“誰が何の権利で”決めるんだか。
(“性器のモザイクなしの露出”の
ように“明確な基準”でもあればマシだけど。
その規制が正しいかどうかは別として)

あと、“成りすまし”なんかは別の枠組みで
罰すればいいだけの話だと思うんだが。

ホント、支那の情報統制を笑えんわ。

ワタシにとってみれば、コレとかコレの方が
よっぽど“有害情報”なんだが。
(批判はするけど、情報自体を出せないように
させるつもりはサラサラ無いな。
“私はあなたの意見には反対だが、それを言う
権利は守る”ってヤツだ)

(4/13 0:00追記)

「苦しまずに死ねる」ネットに情報氾濫
相次ぐ硫化水素自殺
( MSN産経ニュース )

これも情報自体が人を殺すわけでも
何でもなく、死にたくない人間が
知ったところで“へぇ”と思うだけだし、
死にたいと思っている人間は、その
根本原因を取り除かない限り、
別の方法を探すだけだろう。

すなわち、“腹痛を起こしたから、
腹に絆創膏を貼った”みたいなもので、
“情報規制”なんざ“対症療法”で
すら無い。

以前から日本では、年に3万人ほど
コンスタントに自殺者が出ているわけだが、
それまでが年に1万人程度で、
この情報が流れ始めてから急に
3万人に増えた、というなら
この情報の影響も考えられるとの
推測も可だが。

自殺の専門家「硫化水素自殺が流行したのは
ネットと言うより報道のせいだろ…」

( ハイエナログ )

月曜朝(4/7)も某日テレのニュースワイド
“ネットの問題”みたいに言っていたので、
急いで意見を書き込んでみた。
(そもそもこの情報、ワタシはテレビにて
一番最初に知った)

自分たちが情報を拡散した、ってな
視点を持たないところがマスコミ様らしい。
マスコミ様が他のものの責任を
安易に言い立てるのは今に始まった
ことでもないが


なんか賛美コメントしか載ってないから、
たぶん“批判”は“誹謗・中傷”として
“華麗にスルー”されるんだろう。
(もしくは批判が殺到して、処理が
パンクした可能性もあり。普段そういう
行動に出ないワタシが“カチン”と
来たくらいだから、同じような行動に
出た人間は多いだろうと推定される)
書いた内容は、上記したものと大筋で同じ。

その他:

10代のネット利用を追う:
子どもがネットで受ける被害は甚大

( INTERNET Watch )
リアルメディアが青少年ネット規制法案の
ヤバさを報じない訳




防衛庁官舎で反戦ビラ 「侵入」有罪確定へ
最高裁「生活の平穏侵害」
( Yahoo!ニュース )

これは上記した“別の枠組み”である
刑法(住居侵入)を破っているんだし、
表現自体は何の規制もされていない。
単に、“場所を選べ”ってだけ。
“表現の自由”に問題を摩り替えるな。
「表現の自由のために住居侵入しても
罪に問われないと言うなら、
”自衛隊に反対する市民運動”に
反対するビラを配るために
この運動をしている人達の自宅へ
侵入しても良いと言うことか?」

別のところで拾った書き込みだけど、
この問いに尽きるな。
(これはアカヒ新聞社に侵入して、
“通名報道反対!”ってビラを撒く
事件が起きたとしても、同じ事を書く
と思う。“ざまあああ”って書いた後に)

「YASUKUNI」と言論の自由

(4/13 0:45追記)

【表現の自由はどこまで許されるか】
ビラ配布の官舎立ち入り、最高裁が上告棄却
市民団体3人の罰金刑確定

( 清谷防衛経済研究所 )

(4/13 7:45追記)

「漫画、アニメ、ゲームのせい」は
「天狗の仕業」と同じ思考停止

( 最終防衛ライン2 )

たぶんネットの責任にするのも同じ事
だろうな。適当に理由付けして、
“潜在的にウザい・よく分からない”
ものを“悪者”に仕立て上げられれば
いいってわけだ。

     )、._人_人__,.イ.、._人_人_人
   <´ ネットじゃ、ネットの仕業じゃ!>
    ⌒ v'⌒ヽr -、_  ,r v'⌒ヽr ' ⌒
// // ///:: <   _,ノ`' 、ヽ、_ ノ  ;;;ヽ  //
///// /::::   (y○')`ヽ) ( ´(y○')    ;;|  /
// //,|:::     ( ( /    ヽ) )+     ;| /
/ // |:::     +  ) )|~ ̄ ̄~.|( (       ;;;|// ////
/// :|::       ( (||||! i: |||! !| |) )      ;;;|// ///
////|::::    +   U | |||| !! !!||| :U   ;;; ;;;| ///
////|:::::       | |!!||l ll|| !! !!| |    ;;;;;;| ////
// / ヽ:::::       | ! || | ||!!|    ;;;;;;/// //
// // ゝ:::::::: :   | `ー-----' |__////

(4/29 17:20追記)

「ネット規制法、保護者も子どもも迷惑」
とPTA連会長 MS、ヤフーなどと会見

( ITmedia )

梯子外されて四面楚歌www
“大義名分”が失われつつある中、
どんな“言い訳”をするか楽しみだな。

(5/4 13:40追記)

『靖国 YASUKUNI』0点(100点満点中)
( 前田有一の超映画批評 )

この映画を“表現の自由”に絡めて
ガタガタ言っていた輩が居たけど、
“それ以前”の代物だったか。

こんなプロパガンダに税金つぎ込むな、
ってのは誰だって思うだろ。
支那・朝鮮に精神的亡命でもしてなけりゃ。

この記事のトラックバックURL

http://hiropon77.blog1.fc2.com/tb.php/1962-ea628f8d

コメント

高市たん・・
ちょっとがっかりしたなあ、わたしも。
児童ポルノの件にしてもそうだけど、うまくいえないけどヤバイ気だけはする。
ヘタすると日本文化の発展にブレーキかけちゃうようなキケンすらあると思う。大げさ、かな。
でも、規制したい側の言い分(不健全な情報が氾濫しすぎてる、とか性犯罪を助長する、とか)に反論するのに、
言論や表現の自由ってだけじゃ、抽象的すぎてあまり効き目がないような。ううううむ。
うーむ
あまり軽々にレスできる事案ではないので、ちょっと考えますね。
お待ちあれ。
(こんな事書くと、自分で自分のハードル上げちゃうんだよなぁ……)
おまたへ
今回の件に関しては、個人の主観が入り込むような
あいまいな基準で規制(=検閲)をしようとしている
事が問題なんですよね。

“表現の自由”にも一定のルールが必要だと
思うのですが、それは誰が解釈しても同じ結果に
なるような“絶対的な基準”の下で行われないと、
恣意的な規制が行われる可能性があります。

すなわち、“規制する側”を批判する情報を
流そうとしても、それが“有害”として排除されれば、
いくら規制側が腐ろうが判断ができません。

いい例が“現在の支那”です。
情報統制して、支那共産党に都合のいい情報
ばかりを流していれば、支那人にマトモな人間が
居たとしても、支那共に疑問すら抱かないでしょう。
(“中華思想”的な状況も支那共に味方してはいますが)

“表現の自由”がわざわざ憲法に載せられて
権力側を縛るのは、放っとけばものすごくやりたがるん
じゃないかと思うのですよ。支那人(北チョンも)とか見てたら、
ものすごく簡単に操られてますもん。
まったく批判されずに、思った通りに下を動かす事が
できるようになるんですから、魅力的だと思います。

歴史なんかを眺めていますと、どんな“破綻”も
最初は小さな一歩からで、そういう状況への喚起は
“表現の自由への危機”という言葉でしか表現できないん
ですよねぇ。語彙が少なくてすんまそん。

さんざんハードル上げて大した事は書いてませんが、
状況が悪化すれば海外鯖に移動して批判を続けるか、
ワタシ自身アメかヨーロッパにでも出るかもしれません。
高市の白ブタが(←有害情報)

言論統制 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%80%E8%AB%96%E7%B5%B1%E5%88%B6
表現の自由 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%A8%E7%8F%BE%E3%81%AE%E8%87%AA%E7%94%B1

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99