アクセスランキング

映画話三題

「少林少女」はこんなにすごい!
( かむかむごっくん )

フジ系のテレビ局にチャンネルを
合わせていると、なんだか
“空前の大ヒット!”みたいな
扱いなんだが……。
これじゃむしろ、ヒットした方が
首が絞まるイキオイだな。

しかし、ここまでだと逆に観て
みたくなるってのが不思議だ。
(ワタシは予めこれを読んでいたので
回避できた。“デビルマン”の2倍の
評価ではあるけどもw)

( ゚д゚)ハッ!
これも“炎上マーケティング”か?

ハナから映画化が決まってた
“なんとか王子”はともかく、
テレビ局が噛んだ映画でマシなのは
ジブリのアニメくらいだから、
映画好きは回避しといた方が無難
なんだけどな。
(どうせ1年くらいで放送するし)



ギニアの刑務所の受刑者ら、
スプーンで壁に穴を開け脱獄

( ロイター.co.jp )

この映画思い出した。

8割近くのシーンが“作業”で、
凄まじいくらいに地味な映画なんだけど、
その地味さが妙な“リアルさ”と
“緊張感”を生み出して飽きない。
ラストも地味だけど、それまでが
“もっと地味”だからメリハリ利いて
カタルシスが半端ない。

“プリズン・ブレイク”が
出てくるようじゃまだまだアマいなw



お勧めの戦争もの洋画教えろ
( ニュー速VIPブログ3 )

なぜ“眼下の敵”が無い!
あと、“戦争のはらわた”とかな。



(´・ω・)っ 参考商品

眼下の敵眼下の敵
(2006/08/18)
ロバート・ミッチャム、クルト・ユルゲンス 他

商品詳細を見る

この記事のトラックバックURL

http://hiropon77.blog1.fc2.com/tb.php/2036-86bc9774

コメント

戦争ものに反応しときます
なぜ、なぜ、
「特攻大作戦」と「長い灰色の線」がないのだっ!
「眼下の敵」はまだ見てません。ミッチャムさんは、うちの父がファンだったので
こんど観てみます。
>「特攻大作戦」と「長い灰色の線」がないのだっ!

うーむ両方とも未見だ……。ん? “特攻大作戦”の監督は
“ロンゲスト・ヤード”の監督ではないか!
あれも面白かったなぁ。
アーネスト・ボーグナインとかブロンソンも出てるし、
探して見てみようっと。

>こんど観てみます。

戦争映画のくせに、やけに爽やかなのですよ。“眼下の敵”って。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99