アクセスランキング

この際おながいします

綿貫、平沼、ムネオ、それに喜四郎も
どうなる政界再編
( MSN産経ニュース )

平沼新党か……。

平沼氏は硬骨漢で一切ブレないから
信用はおけるんだが。
(郵政民営化で“反対側”に
回っちゃったからねぇ。
ちなみにワタシはさる事情から
郵便局は大嫌いで、あんな非効率な
組織は民営化するのが当然だと
今でも思ってる。でも、“反対側”
から見てもブレない姿勢は評価できる。
しかしあの時は、自民の“党内左派”
が再び主導権を握るとは思いも
よらなかったなぁ)

国民新党に寄っていってるみたいだが、
ミンス(右派除く)なんかに寄られる
よりかはマシか……。

ええい、この際“毒水”を飲まされる
くらいなら“泥水”くらいは飲むから
本当に新党作ってくれ!
冗談抜きで“選択肢”がないんだから。
(しかし、選挙後にミンスと連立したり
するんじゃないか、という危惧は残る)

参考:

保守化する欧州 ( Meine Sache )

“革新(左派)”は批判能力はあっても、
政策立案・遂行能力が無い上に
理想ばかり追って人気取りしかしないから、
まず経済(特に財政)にガタが来るんだよな。
でもって5年もすれば“揺り返し”が
来るんだけど、取り戻すのに10年以上
かかる、と。日本でも“美濃部都政”とか
いい例なんじゃね?

この記事のトラックバックURL

http://hiropon77.blog1.fc2.com/tb.php/2054-1e55a5a0

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99