アクセスランキング

読書感想文

“マンガ嫌韓流”読み終わりました。
それほど目新しい事は書いていなかったのですが、
未整理のまま頭の中に詰め込まれていた知識を、
整理整頓して収納してくれたという感じでしょうか。
作者には申し訳ないですが、画力に関してはもう少し
努力が必要な気がしました。
でも、それなりに場数を踏めばうまくなりそうな
気はしますし、分かりやすく伝える役割は充分に果たして
いるので、大して気にならないと思います。
内容は、感情的に“嫌韓”を煽っているものではなく、
根拠を挙げて“真実を明らかにする”というスタンスなので、
好感が持てます。コラムも充実しているので1,000円は安い。
さまざまな問題を知るいいきっかけになるでしょう。
(もちろん鵜呑みにするのではなく、個人個人で検証するべきですが)

さて全マスコミスルーの現状況、
(マスコミも批判対象だからスルーしてるんでしょう)
ネットの口コミだけでどれだけ売れるんでしょうか。
一種の試金石ですね。
初版三万部+増刷一万部は確実に売れそうな感じですが、
個人的には行って十万部くらいかなと思っています。
少しでも多くの人が目を通すべきなんですが……。

というか、事実を知り正しい認識を持った上で関係性を
模索するのは、対象が人であろうが国であろうが、
ごくごく当たり前の話。
実体のない“友好ムード”とやらに流されて関係性を
強化してしまったのでは、距離があった頃よりも決定的な
破局を迎えるのがオチです。
ま、その“友好ムード”とやらも、向こうの痛い言動・行動の
せいで、まともな人はしらけるだけでしょうが。
どこかで見かけたような構図ですね。

新しい歴史教科書



次はこれや、これあたりを読もうかな。

この記事のトラックバックURL

http://hiropon77.blog1.fc2.com/tb.php/207-336952b4

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99