アクセスランキング

怖いチラ裏

前半部、夏を迎えるにふさわしく
ちょっとゾクっとしたw



778 名前:Trader@Live![sage]
投稿日:2009/07/30(木) 07:14:47 ID:plviX8hY

 さて、今日も張り切ってチラシの裏、といくニダ。
 献金ニダ氏も、コテを封印される、と聞いていた
 後でわざわざ現れた、という事はウリの方に
 流れてきているアノ話に動きがあったと見るべき
 ニダね。
 ともあれ、お互いに心して掛かりましょう、ニダ。
 それと書き方というか、情報のぼかし方に違いが
 あるのは状況によって出せるレベルが変わって
 いるから、と考えて欲しいニダ。

 ところで前スレにてウリに「見解を求める」と
 息巻いている人がいたようにだが、ウリの答えは
 「添削してもらってから出直して来い」の一言に
 尽きるニダ。
 特別に採点をするニダよ。
 まず何よりも、“底が浅い”というポイントが
 あげられるニダ。ここの住人の知識、経歴、
 そしてバックグラウンドを甘く見てはエロい目に
 遭うニダよ?
 そしてもう一点、書き込む前に読み返すことを
 お勧めするニダ。
 こうしたチラシの裏には「絶対に書いては
 いけない情報」や「外してはいけないポイント」が
 存在する事を常に念頭に置く事を心がけるように
 するニダ。
 ちなみに、その内容を含めて「かな~り触れては
 マズいキーワード」が幾つか見受けられたニダ。
 しかるべき筋は其れを絶対に見逃さない事を
 お伝えしておくニダよ。
 これは純粋にウリの好意によるアドバイスだと
 聞いて欲しいニダが、こっそりと出される
 イエローカードを見逃してはいけないニダ。
 それを見過ごすと・・・
 解るニダね?
 生兵法は怪我の元、としか言いようが無いニダ。
 怪我ですめば極めて運が良かったと考えた方が
 良いニダ。
 あと、皆にはこれを読んで件の文章を解析したり、
 キーワードを探るような真似をしては絶対に
 いけない、と書かざるを得ないニダ。全く世話を
 焼かせる連中ニダ・・・
 もし、万が一気が付いても知らん振りをするニダよ。
 ウリがこれを示唆するような指摘が出来るのも、
 特別におkが出たからに過ぎ無いニダ。本来なら
 其れの存在を指摘する事も相当アブナイ話ニダ・・・
 掃除機なところ、ウリはレッドライン1㌢手前
 まで踏み込んでしまったニダ。普段ならこんな事は
 絶対にやらないニダ。

 という事で怖い話を忘れて本題に入るニダ♪
 黒いノムタソこと小浜はやはり素晴らしい逸材ニダ。
 これほどエンターテイナーとしての才能に
 満ち溢れた人材はあの元祖ノムタソ以来と見て
 間違い無いニダ♪
 凱徒菜ーや周辺がアレほど陶器から資本を
 切り離そうと奔走しているのを尻目にあんなアホな
 話をぶちまけるとは・・・
 某ウォール街の中の人達が何人 orz... となった
 事やら。
 その中の一人は完全に燃え尽きた様子で、
 「もう知らん・・・。俺の知り合い、
 『陶器にオールインしてもいいか?』って聞いて
 きたんだ・・・」とウリに呟きかけてきたニダ。
 雨の情弱もそうとう酷いニダよ。
 大体、黒いノムタソが大統領になった事を良く
 考えてみるニダ。
 色々とある爆弾が連鎖反応をしないように必死に
 回りが火を消して回っているニダが、それを
 気にせず平気で松明を振り回して踊っているのが
 見ていて素晴らしいニダ。
 現場の本人たちは必死ニダが、こちらも見ていて
 冷や冷やするニダ。
 駄菓子菓子、当の本人だけは「俺って危機に
 立ち向かうリーダー、かっこえ~!」と悦に
 逝っている様子ニダ。

 それにビビリまくっているのが陶器の一部の閥ニダ。
 小浜と繋がっている連中が飛ぶのは結構だが、
 それによる連鎖爆弾の炸裂はボンバーマンの
 比では無いニダ。
 統一が上海に繋がっているのは以前にも
 書いている通りニダが、上海の中も相当
 ぐちゃぐちゃの様子を見せているとの遠くからの
 風の便りが聞こえてきたニダ。
 大体、中狂自身が既に自分のコントロールすら
 出来ていない有様で、何処かの国に謀略を
 仕掛ける余力など既に尽きている有様だとの
 ヒソヒソ声を聞いたニダ。
 その呟きシローの言葉によれば、幾つかの閥は
 完全にトロピカールな陶器の言う事など聞いていない、
 という怖い話を呟かれたニダ。
 そんな中で欧州やら何やらがいろんな方面から
 手を突っ込んでいるものだから、文字通りの
 闇鍋状態となっている、という普通の人なら
 近づきたくない状態となっているらしい、という
 噂を聞いたニダ。
 もしかしたら気のせいかも知れ無いニダ。
 くれぐれも、「はいはい、ワロスワロス」ニダよ?


779 名前:Trader@Live![sage]
投稿日:2009/07/30(木) 07:16:10 ID:plviX8hY

 これに関連して統一もこんがりと焼け上がりそうだ、
 という香ばしい話が聞こえてきたニダ。
 実際、大慌てで沈む泥舟から逃げ出そうとする鼠が
 居るわ居るわ・・・
 逃げ切れるといいね♪という素晴らしいドタバタ劇を
 演じているとのお話だったニダ。
 そいつの法螺話かも知れ無いニダ。
 何せ、そいつは何時も法螺貝を手放さない奴ニダよ・・・
 胡散臭い話なので話半分に聞いておくのが良いニダ。

 そして可哀想に影の薄いアキヒロは、どうやら髪も
 相当薄くなり始めたとのヘアサロンのおねーちゃんの
 呟きが聞こえたニダ。
 もう今は完全にすってんてんの状態で、南の中の人も
 ビビッて完全に腰が引けているとのお話ニダ。
 それと同時に北とのパイプの重要なラインが
 “ぶっつん♪”と華麗な音を立てて切れてしまった
 らしいとの木霊が響いてきたニダ。
 どうも北の動きにそうとう変な動きがちらほらと
 見え隠れしてきたらしいニダ。
 あそこは元からかなり変なところニダが、それをして
 “そうとう変”というのは中々興味がそそられる話ニダ。
 北の将軍様やまさおくん、マサグモが真人間に
 なって心を入れ替えた、というなら斜め上のヘンさ
 ではあるニダが、残念ながらそうしたヘンさでは
 無かったニダ。
 今更そんなヘンさを爆発させたところで
 「ヒャッハーッ!」の刑は免れないとは思うニダが。

 気分を変えてメディア系のちょっとした小話になるニダ。
 イルボンのメディアは様々な諸外国の勢力の影響を
 受けているというのは周知の事実ニダが、かる~く
 おさらいすると、大きく分けて、いわゆる全国レベルの
 メディアには保守系メディアと呼ばれている
 グループとリベラル派メディアと呼ばれている
 グループにざっくりと大別されるニダ。
 その内訳を見ればさらに様々に分かれたり、
 入り混じったりするニダが、基本的に保守とリベラルと
 いう看板を背負う事になっているニダ。
 ここで面白いのは、ここでいう「保守」「リベラル」と
 いう言葉の指す内容ニダ。
 ウリに色々な小話を囁いてくれるエロい人の話に拠れば、
 日本の保守と欧米の保守は意味が違う、との
 興味深いお話ニダ。
 そもそも、日本は伝統的に為政者側が社会福祉や
 公共の概念を強く意識しているため、リベラル的な
 社会を構築していたと考えられる、という興味深い
 お話ニダ。
 本当かどうかはウリは門外漢なのでどうとはいえ無い
 ニダが、保守派を自認する政府自民党が世界的には
 せいぜい中道左派的な政党であり、
 世界的に見ても優れたインフラと福祉制度を持って
 いるのはその為でもある、と説明を受ければ
 「そうなのか・・・」と頷かせる説得力は感じたニダ。
 そのお方の話を前提として、イルボンの
 保守メディアの成立の背景を考えると、保守派
 メディアと統一、そして雨のC○Aとの繋がりは
 想像するに難くないと思われるニダ。
 しかし、今のイルボンは基本的に猛烈な勢いで
 半島と統一を切り離そうとしてて、それは雨も
 同様だとこのチラシの裏にも度々書いているので
 覚えている人も多いと思うニダ。
 それに対して、統一側、というよりも
 半島保守派陣営もその生存をかけて死に物狂いの
 巻き返しを図ろうとしているという情勢が
 今の現状と考えても間違いはなさそうニダよ。
 リベラル派も陶器の上海閥やウォッカ、半島北などが
 入り込んでぐちゃぐちゃになっているニダが、
 陶器関係はトロピカーナと上海、北京などによる
 バトルロイヤル+北の切り離し OR 影響力維持などの
 様々な思惑が入り混じり、ウォッカはウォッカで
 ごにょごにょと。
 さらに北はその当事者なので命懸け、というもう
 泥仕合になってきているのが透けて見えてくるのが
 見てわかるニダね。
 こうした現状を頭の片隅に入れてメディアの
 バトルロイヤルを見ると、また趣の変わった観方が
 出来るかも知れ無いニダ。

 もうすぐ七月も終わりニダね。
 八月は夏本番、海に山に楽しみが一杯ニダ。
 色々な差し入れを頂いた皆様には感謝感激ニダ。
 皆も食べ合わせには注意して、夏を乗り切るニダよ!
 特にコークとカキ氷は・・・アブ無いニダ・・・
 焼き鳥を食べるときも要注意、ニダよ?

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
嘘か本当かは分からんが、深入りが
キケンそうなのは分かった。

支那はトロピカーナ(コキンちゃん)と
上海と地方軍閥とあといくつに
分かれてるんだっけ?

参考:

オバマ米大統領「米中がどの
2国間関係より重要」戦略経済対話で

( MSN産経ニュース )

現在のランキング → 人気blogランキングへ



ひろぽんのかくれが、放置中。



(´・ω・)っ 参考商品

マオ―誰も知らなかった毛沢東 上マオ―誰も知らなかった毛沢東 上
(2005/11/18)
ユン チアンJ・ハリデイ

商品詳細を見る


マオ―誰も知らなかった毛沢東 下マオ―誰も知らなかった毛沢東 下
(2005/11/18)
ユン チアンJ・ハリデイ

商品詳細を見る

この記事のトラックバックURL

http://hiropon77.blog1.fc2.com/tb.php/3385-48d466f8

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99