資産形成計画2022第4四半期その4

その3のつづき。



今年の方針を考える前に、2020年からの
運用利回りを配当・分配金抜きで計算
し直して、マイナス運用した自分を慰めて
みる。
(一部配当・分配金入りで去年計算はしてる



2020年初残高。

610,234円(推定)

ドル建ての配当・分配金を除いた
2021年初残高を出す。

2020年ドル建て配当・分配金=74.89ドル
2020年ドル円平均レート=106.7746

74.89×106.7746=7,996円

3,190,693-7,996=3,182,697円

2020入金力2,200,000円(推定)
純増分が372,463円

年平均運用残高

610,234+(2,200,000÷2)=1,710,234

2020年運用利回り
372,463÷1,710,234=0.218
21.8パーセント(推定)

2020配当利回り
8,840÷1,710,234=0.0052
0.52パーセント(推定)


2022年初残高(配当・分配金抜き)。

5,951,796円

2021入金力2,093,335円
純増分が675,764円

年平均運用残高

3,182,697+(2,093,335÷2)=4,229,364

2021年運用利回り
675,764÷4,229,364=0.160
16.0パーセント

2021配当利回り
42,110÷4,229,364=0.001
1.00パーセント

一部配当・分配金入りよりちょっと下がるね。
今後はこの数字を基準にする。



その5につづく。

よければひと押し<(_ _)> → 人気blogランキングへ

インスタやってますよ

この記事のトラックバックURL

http://hiropon77.blog1.fc2.com/tb.php/6645-bc6e0757

資産形成計画2022第4四半期その5
その4のつづき。 2023年になって、もう2週間が経とうと いうのに、今さら“今年の方針”とか お思いの皆様!(〃 ̄ω ̄)σ “どうせ下げそうだから焦るな” ま、2022年がマイナス運用なんで説得力が 皆無ではあるものの……( ´・ω・`) さて、なんとなく分かっている事を整理 すると……、 ・インフレ退治のためにアメリカ経済に ある程度冷や水が掛けられそう。 これはぞん...
1,000マソ円の壁
貯金1000万貯めるのは大変? ( お料理速報 ) 大変だねぇ( ´・ω・`) ワタシは貯金じゃなくて投資でやってるけど。 どのくらいの期間でやろうとするかで、 難易度は変わってくるが。 2020年のアタマに610,234円でスタート。 2023年4月までに外部入金6,262,311円。 含み益、配当分配金の再投資と為替差益を 加えてやっとこさこんだけ。 で、今年の入金力目標と純増目...

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99