アクセスランキング

ついでにオウム(アーレフ)も破防法で潰せ

麻原被告の控訴棄却、死刑確定の公算
( Sankei Web )

審理してるならともかく、単に被告・弁護側が
引き伸ばしてるだけのような印象だしな。

これ以上、真実が詳らかになる事もなさそうだから、
被害者・遺族に区切りをつけてもらうためにも
とっとと吊っちゃえ。税金のムダだ。

この記事のトラックバックURL

http://hiropon77.blog1.fc2.com/tb.php/775-d3033834

司法権力暴走中
オウムの麻原被告の公判打ち切りが決定した。以下引用。地下鉄、松本両サリンや坂本堤

コメント

何かすごいトラックバックがついていますね。
私個人的には、ここまでのことをしでかして「精神鑑定が…」とかで伸びるのは納得いかないですね。ぶっちゃけ早く済ませて欲しい。
精神鑑定の結果責任能力が認められなかったとしたら、遺族は勿論現在捕まっちゃってる信者の方も納得いかないと思います。
また万が一「色々とやっちゃった行為が信者の暴走」だとしても、教祖=責任者は何らかの責務を負うべきでは。
あのような態度でいる以上、情報及び関与していないという証拠もなかなか出て来ないでしょうし…無実だと言うならば何か発するべきでは?
確かに黙秘権もありますが、このままの状態で本人はどうするつもりなんでしょうね。
いろいろ意見が
あってしかるべきなので、礼儀の範囲内でならやり合っても構わないと
思いますよw
(ワタシも色んな所に噛み付きますし)
それに、この流れに反する方が勇気要ると思いますし、貴重ですね。

とはいえ、別に間違った事を書いたつもりは無いので(今の時点で)、
何を書かれようが知ったこっちゃないんですけどもw

実行行為(やった・やってない)が争点であるならば、ワタシもあそこまでは
書きません。その辺全てを一緒にして槍玉に挙げられてもなぁ、という気分ですな。
だいたい、弟子の裁判等から共謀共同正犯であることは
ほぼ間違いないですし、本人も抗弁しないんだからこれ以上どうしろと
思いますけどね。
(あのワンマン組織で教祖の関与がないと思う方がお花畑でしょう)
どこぞの国みたいに即決裁判で極刑に処したわけでも
あるまいし。
何年やろうが状況に何の変化もないとワタシは思いますけどね。
これをムダ、と言っちゃいけないらしいw そのへんを御教授願いたいものですなぁw

責任能力云々にしたって、“事後”ですからね。
実行行為の時点ではマトモ(?)であったわけで、何の問題もないと思いますがねぇ。
じゃ、何らかの犯罪を犯した後に逮捕されて、別の要因で
アタマおかしくなった時に、捕まった犯罪の責任が消失するかというと
それは話が違うと思います。
(もともと39条に関しては、ワタシは異論持ちですから)

>確かに黙秘権もありますが、

あくまで“自分の不利になるような証言を強制されない”ですからね。
欧米では、行使する時点でやましい事があるんじゃねぇか、と取る傾向にあるらしいです。

果たして、この件に関して建設的で礼儀に則った議論は展開されるのでしょうか。
ちょっと楽しみです。
今日、裁判員制度の
ポスターを見たんですが、それはトランプのハートの10をモチーフにし、
ハートが少しずつ違った赤に塗られて、“十人十色”・
“私の視点・私の感覚・私の意見で参加します”とコピーが添えられていました。

そもそも裁判員制度とは、司法と一般社会が乖離してしまわないよう、
多種多様な意見を一般から吸い上げるための制度とワタシは理解しています。
ある程度の法的思考ができないと参加不可、と言うのならば
現行の制度と大差ないわけですよ。変更する意義が見出せません。

だから、“このような考えの人間が裁判員になるのは危険”という意見は、
裁判員を引き合いに出しながら多種多様な意見を封じるという、
制度の趣旨を鑑みると誠に矛盾した意見と言わざるをえません。
(“このような偏向した人間が裁判員になる可能性があるので、裁判員制度に反対”
というならば筋は通っていますが)



とか言っても、こんなトコ誰も読んでなさそうだよなぁw
ちょっと訂正
↑で書いたポスターの件ですが、“裁判員制度”のポスターは
あいだみつをの“そのとき 自分なら どうする”という書と
“私の視点・私の感覚……”というコピーのもので、
“トランプのハートの10”+“十人十色”は隣に貼ってあった
人権啓発のポスターでした。勘違いしてどうもすみませんでした。

ま、大意は変わらないんで訂正しなくてもいいか、と思ったんですが
状況が状況だけにツッコミ所は少なくしておこうかと。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99